矯正歯科で受ける舌側矯正治療|新しい歯科技術と歯科医院選び

白い歯

機能性の高い補綴治療

歯科

虫歯や歯周病などによって歯が抜け落ちてしまったり、事故によって歯を失ってしまったりといった状況の人が少なからずいるかと思います。そういった場合には、歯科医院で補綴治療を受ける必要があります。補綴治療というのは、歯が無くなってしまった箇所に人工歯を固定し補うといった治療です。日本国内の歯科医院で行われている一般的な補綴治療というのは、ブリッジ治療といったものになります。ブリッジ治療は人工歯を固定する箇所の左右の歯が健在であった場合に用いられる補綴治療法で、左右の歯を橋ゲタとして人工歯を固定します。その時、橋ゲタとされる歯を削らなければなりません。それは、残った健康な歯に負荷を与えることになります。近年、そういった問題を解決した画期的な補綴治療が日本に入ってきました。その補綴治療というのは、インプラントと呼ばれています。
インプラントは、人工歯根を用いて人工歯の固定を行う補綴治療法です。具体的に説明すると、人工歯根を治療箇所から顎骨にかけて埋め込み、埋め込んだ人工歯根にアバットメントと呼ばれる土台を取り付けます。最後に、人工歯根に取り付けたアバットメントに人工歯を固定するのです。インプラントの最大のメリットは、ブリッジ治療と異なり健康な歯を削る必要がないという点にあるでしょう。また、人工歯根を埋め込むことによって、人工歯を健康な歯とどうように扱うことが可能です。メンテナンスが必要となりますが、インプラントは審美性及び機能性に優れた画期的な補綴治療だと言えるでしょう。